肝臓を奪われた妻ネタバレ最終回!原作の結末を徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
肝臓を奪われた妻ネタバレ原作!外伝の最終回結末も徹底解説!

この記事には肝臓を奪われた妻のドラマの原作漫画の結末から最終回のネタバレの内容が含まれていますので、閲覧の際はご注意ください。

今年の4月よりドラマ「肝臓を奪われた妻」が放送されていますね。

韓国作品を元にした漫画が原作で日本語版がLINEマンガで配信されています。

女の子

この原作漫画は閲覧数が1億を越えており、爆発的な人気を誇る作品ですね。

この漫画は完結しており、漫画よりも前にドラマを見ているあなたは、最終回でどんな結末を迎えるのか気になるところですよね。

今回は肝臓を奪われた妻の原作漫画の結末から最終回の内容をネタバレしていきたいと思います。

肝臓を奪われた妻の原作の結末からネタバレして欲しい最終回の気になるポイント
  • 原作ネタバレ:中村光星に対する刑罰は?
  • 原作ネタバレ:光星の妻るり子はどうなるのか?
  • 原作ネタバレ:中村聖子の病気は治るのか?
  • 原作ネタバレ:中村弘子に対して刑罰はあるのか?

「肝臓を奪われた妻」の最終回についても詳しく解説していますので、最後までお楽しみください♪

トイプーちゃん

ドラマで話題のこの作品、結末めっちゃ気になりますよね!

この記事では『肝臓を奪われた妻』の原作のネタバレを徹底的にご紹介しますが原作で楽しみたい方もいらっしゃいますよね?

この漫画の結末は原作100話を読むとだいたいわかります♪

そして『玉木慎吾編』の131話〜140話で本当の最終回が描かれていますので興味のある方はぜひご覧になってみてください。

課金して読む際もクーポンがあるから1話18円という破格で楽しめちゃいます。

ebookとLINEマンガを両方使えば2話無料で読めちゃいますね!

18円で読めるのはebookだけ/

※現在『肝臓を奪われてた妻』はebookで14話まで無料配信中!

合わせて読みたい「肝臓を奪われた妻」のネタバレ記事
目次

【原作ネタバレ】肝臓を奪われた妻の『優香』の最終回結末

画像引用:LINEマンガ

「肝臓を奪われた妻」の最終回で優香は中村家に復讐を成功させ、小栗健と結婚し結人と3人で幸せに暮らします。

「肝臓を奪われた妻」の原作の最終回を紹介すると、主人公は幸せな結末を迎えます。

一方、優香を不幸のどん底に陥れた中村家は全員不幸な結末になります。

シュナくん

優香が最終的に幸せになれると知って安心したことでしょう。

主人公である優香ですが、日頃から心の支えだった小栗健(おぐりたける)と結婚します。

愛する人からの裏切り、さらには肝臓まで奪われるという絶望や困難を乗り越え、優香が幼い頃から夢見ていた理想の家庭を築くことができたのです。

さんざん優香に対して悪事を働いてきた中村家に対して「全部自分たちのしたことが返ってきただけです」と言い放ったシーンは気持ちが良かったです。

トイプーちゃん

優香は肝臓を失っても生きていけるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

結論:肝臓を70%失っても人間は生きていける。

肝臓は再生力が高い臓器の一つだそうです。

健康な身体の人の場合、70%ほど失ったとしても空いてしまった空間を埋めるように再生していくようなので全然生きていくのに問題はないようですね。

が身体に害残ることなく無事に幸せな最終回を迎えられました。

肝臓を奪われた妻の原作のラストシーンで小栗健と愛し合う姿や息子の結人と3人で幸せそうに暮らす優香の姿に胸を撫で下す人も多かったでしょう。

2人は大好きな人たちに囲まれ無事に結婚式を挙げることができました

後日、小栗健と結人が会話しているのを見て「クスッ」笑った優香に対して健が「なんで笑ったの?」と聞きます。

優香は「すごく幸せだからっ!」と答えました。

肝臓を奪われた妻は優香が幸せになってくれる終わり方で本当に良かったと心から思いました♪

【原作ネタバレ】肝臓を奪われた妻の『中村家』の最終回結末

中村家は全員悲惨な最後を迎える

トイプーちゃん

中村家の人達は驚くほどに、嫌な性格の人ばかりです…。

肝臓を奪われた妻はフィクションではありますがドナー欲しさに結婚して、騙すなんて極悪非道にも程がある!と思ってしまいました。

天罰が下った中村家ですが、「肝臓を奪われた妻」は一体どのような最終回を迎えたのか解説していきますね

中村光星の結末ネタバレ

光星は誘拐と脱税の罪で刑務所に入り出所後、優香への仕返しに失敗し入院生活になる。

肝臓を奪われた妻である優香の復讐により、光星が経営する会社の裏の経済状況が明らかになります。

社会的信頼を失ったうえに、自身の母や妹は一生の傷を負い、妻には不倫され捨てられる。

中村家の崩壊により彼は精神を病んでしまいます。

その反動で息子・結人を誘拐するという大胆な行動に出ます。

光星に脱税だけでなく誘拐の罪に問われ懲役5年という判決が下ったです。

この作品を見ていて、ふと疑問に思うことはありませんか?

シュナくん

なぜ優香の肝臓が光星の母(聖子)に合うとわかったのでしょうか?

「肝臓を奪われた妻」の原作では、今までろくに健康診断を受けていないという優香を心配して(これも演技でしょう)彼女に健康診断を受けさせています。

それだけで何がわかるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

結論:優香の血液型はO型なので、全ての血液型の人に適合する可能性が高い

肝臓移植は100%の成功が保証できるものではありませんが、「肝臓を奪われた妻」は漫画なのでそこは抜きに考えて血液型次第で肝臓が適合するかわかるようです。

O型の血液型の人の肝臓はA,B,AB型の全ての人に適合するそうです。

画像引用:熊本大学病院

詳しくは熊本大学病院の記事をご覧ください。

女の子

O型ってすごいですね(笑)

光星は優香に健康診断を受けさせて血液型がO型であることを確認できたので今回の犯行に及んだんだと思います。

「肝臓を奪われた妻」原作の100話で彼は刑務所内の囚人に「ここでも社長だと思ってるのか?」と暴行を受けます。

怪我を負ってよろめきながら立ち上がると「クソみたいな人生だな」と呟きました。

出所後、優香に対してどうにか仕返しができないかと思っている所にるり子がやってきます。

2人は協力して彼女の居場所を突き止め、再び結人を誘拐するのです。

結人を誘拐して優香を呼び出した場所はとある廃墟。

最愛の娘である美羽を事故で亡くしてしまった光星は同じ苦しみを優香に与えようと5階の高さから結人を突き落とします。

結人は駆けつけた健によって救出され無事でした。

悔しがる光星を今度は優香が突き落としたのです。

光星は命こそ助かるものの、自分で動けないほどの大怪我を負い入院生活を送るのでした。

中村(安藤)るり子の結末ネタバレ

光星の妻るり子は2度交通事故に遭い、ホームレスになる。

不倫相手であった玉木慎吾によって、優香への過去の仕打ちが世間に晒されます。

世間の目に耐えられなくなり、中村家の崩壊も原因となり光星とは離婚、娘の美羽も捨てることに。

さらにはるり子までもが優香へ復習するために結人を誘拐しようとします。

誘拐は小栗のアドバイスで結人にGPSをつけていたため、阻止することができました。

結果的に心を病んでしまったるり子。

後日、火傷により入院していた弘子へ今までの文句を言い、絶縁すること伝え病院を後にします。

しかし病院を出たその直後、駐車場内でトラックとの衝突事故によって大怪我を負ってしまいます。

事故に居合わせた人たちも「あれは助からないんじゃないか」と言うほど壮絶な事故でした。

るり子は顔に大怪我を負いますが命は助かります。

そして、光星と共謀して優香にやり返しを企てるのです。

彼女には優香への仕返しと同時にもう一つ目的がありました。

るり子の目的はもう一度玉木に振り向いてもらうこと。

彼に近づくために美羽を利用します。

事故によって変わり果てた姿となったるり子を美羽は母親だと認識できませんでした。

怯えている美羽を見た玉木はるり子を否定し、拒否します。

それに腹を立てたるり子は美羽を抱き抱えたまま路上へ飛び出し、再び車に轢かれてしまうのです。

この事故で美羽は亡くなってしまうのでした。

結果、光星からも玉木からも見捨てられ、るり子は1人ぼっちになってしまいゴミを漁るようなホームレス生活をする毎日を送るようになるのです。

中村聖子の結末ネタバレ

聖子は脳卒中により意識不明の重体になり、退院後も自宅が差し押さえになる。

光星の母である聖子は、良好な関係を築いていたと思われた黒田修二の策略で財産を失います。

さらには脳卒中により再び病院へ逆戻りすることに。

当時、息子の妻だった優香を言葉巧みに操り、自身の肝臓移植のドナーになるよう仕向けた張本人です。

そんな聖子が魅了されていたのが黒田修二という男性でした。

実は黒田は味方で、聖子を欺き莫大な資産を手に入れます。

黒田に財産を騙し取られた聖子の人間関係は次第に崩れていきます。

聖子も結人を自分のものにようとしますが、優香によって阻止されるのは言うまでもありません。

女の子

ここでも結人が被害に遭うんだね…。

最終的には脳卒中で倒れ、意識不明の重体となるのでした。

無事退院するも、光星の脱税により自宅は差し押さえ。

家まで失ってしまうのでした。

中村弘子の結末ネタバレ

弘子は大火傷を負い片目を失い、自宅療養中自宅を失う。

弘子は自分の立場を良いことに好き勝手に行動するような人でした。

弘子は井上グループの御曹司、井上賢三との婚約が優香の復讐の策略によって破棄になります

それだけでなく優香への腹いせとして起こした自身の行動により火傷を負い、片目を失ってしまうのでした。

シュナくん

優香の復讐の最初のターゲットになった彼女でした。

婚約破棄などが優香の仕業だったことが分かると、復讐のために放火を試みるものの、炎が弘子に飛び火して、火だるまになり生死をさまよった挙句に片目を失うという重症を負うのでした。

退院後、聖子と一緒に自宅療養をしていた弘子。

同様に家は差し押さえになったため、聖子と弘子は家も財産も全て失ってしまうのです。

【原作ネタバレ】肝臓を奪われた妻のドラマとの最終回結末の違いは?

カン妻を見るならHuluがおすすめ

大枠のあらすじは変わらないが、原作の本当の最終回までは描かれないと予想!

現在カン妻のドラマは9話まで放送されていて次は10話ですが、この作品の最終回と原作の最終回にどのような違いが生まれるか注目されていますね!

キャラクターのビジュアルが違うので「なぜここまで変えてしまうのか」と疑問に思われた方も多いでしょう。

原作の優香はロングヘアーで、ドラマの優香と若干性格も違う感じがします。

大枠のあらすじは変わらないとは思いますが、気になるのがドラマが原作のどこまでを描くのかですよね。

肝臓を奪われた妻の原作では100話で一旦物語が節目を迎えて、外伝という形で140話まで続いています。

100話までで描かれるのは復讐を終えた優香が健と結婚し、幸せになる傍、中村家は総崩れになるまで。

光星は刑務所行き、母親聖子は脳卒中で倒れ、妹の弘子は大火傷、るり子はトラックに跳ねられ、娘の美羽は安否不明。

100話の時点では娘の美羽は亡くなっていません。

140話で出所してきた光星がまた仕返しをしてくる形になるので、ドラマが全12話でそこまで描けるかと思うと難しいのではと思っています。

そのためドラマの最終回は原作でいう100話までなのかなと予想しています!

トイプーちゃん

美羽が亡くなるシーンはあまり見たくないですしね。。

肝臓を奪われた妻の最終回は原作とドラマでは以下の違いが生まれると思います。

  • 光星は入院生活にならずに刑務所で囚人に暴行を受けるまで。
  • るり子はトラックに跳ねられる1回めの事故までで安否まではわからない。
  • 聖子と弘子が自宅療養している家を差し押さえされるまでは描かれない。
  • 優香と健の結婚式まで描かれて、その後の騒動までは描かれない。

個人的な意見ですがこの作品は100話までで終わっていても良かったのかなとも思います(笑)

ドラマがどのような結末を迎えるのか楽しみですね!

まとめ:肝臓を奪われた妻ネタバレ最終回!原作の結末を徹底解説!

今回は「肝臓を奪われた妻」原作漫画の最終回結末をネタバレさせていただきました!

肝臓を奪われた妻の原作の最終回ネタバレ
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】優香の最終回結末:優香は小栗健と結婚し、子供と3人で幸せになる。
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】中村光星の最終回結末:中村光星は懲役5年、出所後に結人の殺害に失敗し、自分が介護生活になる。
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】るり子の最終回結末:光星の妻るり子は2度事故に遭うが一命は取り止めてホームレスになる。
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】光星の娘(美羽)の最終回結末:るり子に抱かれたままトラックに轢かれ死亡。
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】中村聖子の最終回結末:聖子は脳卒中で病院生活のその後、自宅療養中だったが差し押さえで家を失う。
  • 【肝臓を奪われた妻原作ネタバレ】中村弘子の最終回結末:弘子は大火傷で片目を消失、聖子と暮らすが同様に家を失う

肝臓を奪われた妻の原作の最終回のネタバレとしては主人公の優香はハッピーエンド、復讐相手の中村家の人々はバットエンドという結末となりました。

肝臓を奪われた妻の物語は良くないことをしたら、自分にも返ってくるというのが伝わってくる最終回となりましたね。

肝臓を奪われた妻は主人公の復讐がうまく進んで彼女を陥れた中村家がどんどん崩壊していくので、彼女の言葉にスカっとした人も多いのではないでしょうか?

肝臓を奪われた妻は見応えのある作品だったと思います。

肝臓を奪われた妻の漫画はドラマ化もされ、2024年4月から放送されています。

実写化されると原作よりもリアリティが増すと思いますが、肝臓を奪われた妻はどちらもおすすめな作品になっているので、最終回までぜひ見てみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次